Work Style

アパレル販売員から未経験でWebデザイナーになった理由

こんにちは!
ガーリー専門デザイナーのまめです!

わたしは元々アパレル販売員でした。
就職して2年後にWebデザイナーに転職しようと思い会社を辞めました!

今日はなぜそんな風に思ったのかをあらためて文字にしようと思います。
これは、今のわたしの理念のもとにもなる話です。

未経験から他業種に転職をしたい人のちょっとしたお役にたてれば嬉しいです。

アパレル販売員時代

大学卒業後、アルバイト経験があったし服が好きだったので奈良のセレクトショップに販売員として就職しました。

国内ブランドにインポートブランドの取り扱いもあり、元々はジーンズに特化していた会社だったのでジーンズブランドの取り扱いが豊富な会社でした。

最初は、接客に入るのに時間がかかったり、ブランドの名前や各ブランドごとのサイズ感を覚えるのに手間取ったりと大変でした。
でも、だんだんと慣れてきて顧客さんも増えていき楽しくなってきました。

特に、お客さんにトータルコーディネートを提案したり、要望に応えて喜んでもらえるのがすごく嬉しかったです。

仕事自体は楽しかったですが、労働環境はおそらくブラックな会社でした。

月の休みは4〜6日、ゴールデンウィークなどの大型連休はもちろん連勤。
土日祝は友達の結婚式でさえ休ませてもらえませんでした。
ほぼ毎日サービス残業で終電帰り。朝は早朝勉強会と言う名のサービス労働。
給料は手取りで17万円くらい。
(これでもわたしはまだ優遇されている方でした。。。)

毎朝、モンスターが朝ごはんでした(笑)

「辞めたい」と思うことは多々ありましたが、
「服が好きだし」「顧客さんもいるし」「とりあえず3年は続けないと」「みんなも頑張ってるし」「辞めてもやりたいことないし」
と自分にいろんな言い訳をつけてなんとか続けていました。

今思うと、(一般的な)周りから浮きたくない、違うことをするのは恥ずかしいと思っていたのだと思います。

辞めるきっかけ

それから1年が経ち、年に1度の社員全員で参加する大きな会議がありました。
ここ1年の経営状態とか売上とか個人ノルマとかいろんなことについての発表会って感じでした。

そこで、年々お客さんが減っていってることがわかりました。
当時は複合施設に入っていない店舗が多かったのでよけいでした。

社長の出した改善方法は「接客技術の向上」でした。

以降、今まで以上に個人売上が厳しくなり、上司に客数・客単価などをチェックされるようになり
月のノルマが達成されないと注意や指導が入るようになりました。

だんだんとノルマを気にしてお客さんからいかに売上を上げられるかを考えて接客するようになりました。
お客さんの要望よりもより単価の高いものを買ってもらえるように考えてました。

そんな接客イヤですよね?w
わたしはすごくイヤです。でもより高単価になれば上司に褒められるし社内の空気も良くなりました。

だんだんと自分の気持が死んでいき、「接客」も「服」も嫌いになりました。

WEBデザイナーになろうとしたきっかけ

わたしは、来客数減の原因はお店の認知度だと思いました。
接客技術も必要だけどそもそもお客さんが増えないと来客減の問題は解決しないと思いました。

社長の考えとしては、良い接客を受ける→その人が別の誰かに紹介する→紹介された人が来る
っという他力本願なサイクルでした。

それが叶えば最高だと思いますが限度があるし、お客さんまかせの他力本願すぎると思いました。

中小企業だったので友達に店名を言っても「知らん。何屋さん?」と言われるくらいでした。

もっと広める方法はないか考えたときに「ホームページ」が浮かびました。
自分もなにか商品を探すときにインターネットで検索してブランドとかお店を知ったりするなあっと思ったので
さっそく自社のサイトを調べてみました。

一応ありましたが、最終更新が当時は2年前くらいの夏のセールのお知らせでした。
不定期的にブログを上げたりもしていましたが、あまり機能されていないサイトでした。

ホームページをもっと活用できないかな?→そもそもホームページってどうやって作るん??
となって調べてはじめて「WEBデザイナー」という仕事を知りました。

WEBデザイナーについて、いろいろ調べるとホームページで集客をしたり、名刺やチラシを作ったり、いろんなデザインができることがわかりました。

ここでわたしは「WEBデザイナー」になりたい!と思いました。

退職

WEBデザイナーになりたいという事を上司に伝えました。

会社のホームページは外注だったのでWEBの部署はなかったのですが、
ECショップはあったのでそっちに異動するのはどうかと提案してくれる上司もいましたが
社長からは販売員しかいらないっという結論が出されたので辞めることにしました。

その頃にはすっかり服と接客が嫌いになっていて、しばらくは自分でどこかに買い物に行くのも嫌になってました。
たった2年しか働いていないし成績も良くなかったけどよく頑張ったなーと今では思います。

WEBデザイナーへ転職

まるっきりの未経験からWEBデザイナーを目指しました。

当時のスキルは、イラストレータで四角を作って文字を打つくらいしかできませんでした。
HTMLナニソレおいしいの?

就職活動をはじめるも、ほとんど面接までいけなかったです。
面接にいけてもスキルの質問をされると「わかりません!これから勉強します!」
と根性だけで受けていたので不採用ばかりでした。

そんな状態からWEBスクールと職業訓練に通い3ヶ月でWEBデザイナーとして就職することができました!

その話はまた、別でまとめたいと思います。

わたしの理念

わたしの理念は、

「好きなことをやり続けられる社会に!」

です。

わたしは最初、服がアパレルが好きでした。
でも、集客ができないがために売上ノルマが厳しくなり、ついには嫌いになってしまいました。

そんな風に、自分の担当や分野以外のことで苦しむことになって
好きだったことが嫌いになるのは悲しいです。

わたしは、今デザイナーの仕事が大好きです!

なのでわたしは、集客や売上で困っている人が好きな仕事を続けられるように
わたしの好きな仕事=「デザイン」の力で集客や売上げアップにつながるお手伝いをしたい
と思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ABOUT ME
まめ
広島でガーリー専門Webデザイナーしてます。 元アパレル販売員から未経験でWebデザイナーに転職。 大阪出身。現在は広島在住。 将来的にはデザインで地域活性化をして日本各地をワクワクさせたい!