プロフィール

はじめまして。「女性に響くデザインをつくる」Webデザイナー ほりうちです。

このブログでは、これからWebデザイナーを目指す方や、新米Webデザイナーの方に現役Webデザイナーの当たり前を伝えていけたらと思います。そして、わたしのように未経験や初心者の壁を乗り越えてもらえたらと思います♪

プロフィール

名前: 堀内麻未
誕生日: 1992年3月3日
出身: 大阪 東大阪市
職業: Webデザイナー
好きなこと: まんが・海外サッカー

経歴

もともとは、アパレル会社で販売員をしてました。なので、Web業界は未経験からのスタートでした。

なんでWebデザイナーに?

そもそもWebデザイナーになろうと思ったきっかけは前の会社でした。
前の会社は小さなセレクトショップだったのですが、とっても良いブランド良い商品を扱っていました。でも、知名度が低すぎて年々お客さんは激減していき「効率よくもっと多くの人に知ってもらえる方法はないかな?」と考えたときにホームページ活用を思いつきました。実際に、自社サイトはほぼ活用されておらず、でもどうやってホームページが作られているかも知らなかったのでそこで初めてWebデザイナーという職業を知りました。それから、Webサイトでいろんな人や物や会社を伝える仕事をしたいと思いWebデザイナーへの転職を決めました。

失敗だらけの転職活動

退職後すぐにWeb業界に転職活動をはじめたのですが、当時のわたしのスキルはこんな感じでした。



まさかの、ほぼ無知の状態でなんとかなるだろうと挑みました。なのでもちろんひとつも採用されませんでした。当たり前ですよね(笑)
でも、Webを学ぶ学校は思った以上に高いし、独学で勉強してみるもHTMLのコードの難しさに挫折してしまいました。

交流会に参加

どうしようかと路頭に迷っていたときに、たまたま大阪で「Web未経験からでも大丈夫!」とかかれたWebデザイナーさんの交流会を見つけました。まわりにWeb業界の人がいなくて相談する人がいてなかったので話を聞いてみたいと思い参加してみました。

そこで主催をされていたタカハシさんもWeb業界未経験からWebデザイナーになってフリーランスになったという話をきいて、すごくワクワクしました!やっぱり未経験じゃ無理なのかな?っと思っていたのが、がんばれば自分でもなれる!っと思い直せました。そこで、タカハシさんが運営されるWebクリエータースクール”Creators Factory”で勉強をすることに決めました。
タカハシさんの運営されるCreators Factoryに興味が出た方は、こちらから見れますよ♪

4ヶ月間の猛勉強!

それから、職業訓練とCreators Factoryを同時に通ってWebデザインについて4ヶ月間猛勉強しました。
職業訓練とCreators Factoryで同時並行に学ぶことで学びも2倍になったしCreators Factoryでは、Webデザイン以外のマーケティングなどについても学ぶことができたのでWebの専門学校に通うよりも急成長することができたんじゃないかなっと思います。

猛勉強の末に2ヶ月後には個人でWordPressのテンプレートを作る仕事をしたり、4ヶ月後には念願のWebデザイナーとして働くことができました!わたしは、フリーランスになりたいと思ったので正社員ではなく派遣という働き方を選びました。
わたしが派遣を選ぶ詳しい理由はこちらの記事からどうぞ♪

Web業界

念願のWeb業界に入ることができ浮かれていたのですが、新たな壁にぶつかることになりました。

「わからない」と言えない壁

わたしが初めて入った会社は製作会社だったのですが、営業の人の数のが多く制作が追いつかない状態でWebデザイナーはみんな忙しくしていました。わたしはサイト制作はひととおりできるようになっていたのですが、実際に現場でチームで制作するとなるとぜんぜん進め方や知らないことがたくさん出てきました。ですが、みんな忙しいのでわからず聞くと「じゃあ、それはもういいからこれしといてくれる?」とちがう仕事をもらいわからなかったことは教えてもらうことはなかったです。

冷たいと思うかもしれませんが、忙しい製作会社ではそんなことはきっと普通でわからないなら自分でなんとかする力をつけるしかないのだと実感しました。わからないままでできることだけをこなしているだけでは、ずっとそこから成長できないままです。なので、Webデザイナーには自己解決能力は必須なのだと感じました。

「スピード」の壁

次に圧倒的なスピードの差を体感しました。わたしが当時バナーをひとつ作るのに半日くらいかかっていました。ですが、現役のウェブデザイナーは1時間くらいでサクッと作っていました。しかも、かなりのクオリティで!その差は経験かと思っていたのですがもちろんそれもありますが、このままただ年数を重ねるだけでは差は縮まることはないと気づきました。

その差は、シンプルに知っているか知らないかです。
ベテランのWebデザイナーは、ショートカットやデザインの引き出しをたくさん持っているのです。

「Webデザイナーの当たり前」の壁

前述で、ベテランWebデザイナーとの差は知っているか知らないかのだと言いました。なので、シンプルにまた知らないことを猛勉強すればいいだけやん!と思っていました。でも、知らないことって実際に直面しないとなにを知らないかすらわからないんですよね。

2社目の会社ではわりとゆとりがあるチームで、いろいろと教えてもらいました。でも、教えてもらえるのは相手が「(わたしが)知らないだろう」と思っていることだけです。

わたしが、作業をしているときに先輩が通りかかって「え!そんなやり方してるの?こうした方が速いよ」って教えてくれました。結果的にやってることは同じなのですが教えてもらった方法だと倍速でした!この時に、これが現役Webデザイナーの当たり前なんだな!と感じました。
時間はかかるけど同じことができるので、わたしはそのやり方にもっと効率の良いやり方があるなんて考えたこともなかったし、先輩も日常的にしてる方法だから当たり前すぎて教えることではないと思っていたようです。

他にも、バナーやメインビジュアルひとつ作るにしても、実は用途に合わせて細かい指定やルールがあったりもするけど、そういったことも全て現役Webデザイナーにとっては当たり前のことでした。でも、学校では技術だけで現場での当たり前なんて教えてもらえませんでした。
この現役Webデザイナーの当たり前の壁を超えなければどれだけ経験をつもうと未経験や初心者の壁を超えられないと思いました。
こういった経験を通してわたしは、自分が体験したWebデザイナーの当たり前の知識や技術をブログにして自分と同じように悩んでいる人の役に立てればと思いこのブログを立ち上げました。

現在は、こんなことしています!

現在は、広告代理店でWebデザイナーとして働きながら、個人でも制作の仕事を受けています。

あとは、こんなイベントにも参加しています。

イラストの現場で役に立つ 超絶美人のイラスト講座